エステ脱毛と何が違う?医療機関での脱毛!

  • -

エステ脱毛と何が違う?医療機関での脱毛!

医療機関での脱毛は安心!

脱毛には大きく分けて、医療レーザー脱毛とエステ脱毛がありますが、その違いは脱毛効果と安全性にあると言えます。エステなどで使われるレーザー脱毛機器に比べ、医療機関で使用されるものは大幅に効果が高いものです。例えば、エステで使われているものは、毛根まで届かないのに対して、医療機関のものは一瞬で毛根を破壊します。加えて、専門のドクターが責任を持って施術を行うので、肌の状態に合ったきめ細かい対応が出来るわけです。何よりも、万が一のトラブルにも適切に対処できる事が安心できる点だと言えるでしょう。

永久脱毛が行えるのは医療機関だけ!

永久脱毛をするには、毛根を破壊して毛を生やす組織をなくす必要があるわけですが、それが出来るのは医療機関だけだと言えます。医療脱毛で使用されるレーザーは毛根に確実にダメージを与えながら、周囲の肌組織にはほとんど影響を与えません。痛みも極めて少ないので、短期間で集中的に施術ができ、脇の下からビキニラインまで気になる箇所をストレスなく脱毛できるわけです。加えて、メラニン色素にもダメージを与えられるので、美肌効果もあると言えます。

レーザー照射の実際は?

医療機関で使用されているレーザーの多くは、FDA(アメリカ 食品医薬品局 )の認定を受けたものですが、エステ先進国のアメリカで認められているからこそ安心できる部分が大きいと言えます。こうした先進機器は肌質や毛質に合わせたレーザーの出力調整が可能なので、デリケートゾーンや各個人に合わせた繊細な対応が出来るわけです。本照射の前にはテスト照射があり、様子を見ながら施術が行われるのでストレスを感じることもないでしょう。照射と同時に冷却装置も働くので、熱さや痛みを感じることもほとんど無いわけです。

レーザー脱毛は全身に使用する事ができます。顔から腕・背中・VIOゾーン・脚などできますし、指の毛までできます。