身体機能回復のためにはリハビリが大事!心臓病治療について

  • -

身体機能回復のためにはリハビリが大事!心臓病治療について

病気になった直後の急性期について

発病した直後は患者の心臓機能や体力は低下しており、精神的にも不安定な状態にあります。しかし、いつまでも安静にしていると回復が遅れていまいますよね。そこで、治療や手術をして症状が落ち着いた後からリハビリを行うんですよ。この時期のことを急性期とよび、体調を整えて基本的な日常の動画ができるように回復を目指します。ベッドの上でできる理学療法や状態にあった歩行訓練などをしていくんですよ。手術の内容によっては、まずベッドでリハビリをすることもあります。

リハビリを開始する回復期

心臓病の症状が安定した後は、社会復帰を目指して、全身の機能や心臓の回復のためにリハビリをしていきます。この時期を回復期とよび、入金中のリハビリを前期、退院をした後のリハビリを後期に分けることができるんですよ。前期ではウォーキングなどを行います。後期も基本的には入院中とリハビリの内容は変わりませんが、通院をしていない日も自宅の周辺などで運動に取り組みます。また、食事や服薬の注意点を学んで、自己管理ができるようになることも大事ですよ。

自分でリハビリをする維持期

心臓病の回復期に行う通院のリハビリは三か月程度で終了し、その後は地域の施設や自宅でウォーキングをしていくことになります。退院後に行う自主的な取り組みは特に重要で、この時期のリハビリがその後の人生を健康的に過ごすことができるカギを握っているため、しっかり行いましょう。特に若い時期から心臓病になった場合は、治療をした後の人生も長いのでリハビリは重要です。仕事に戻ると、医療機関に通う余裕がなくなることがあるので気をつけましょう。

僧帽弁閉鎖不全症を治療するには、循環器科などの専門医の診断を受けることが不可欠であり、望ましい治療法をチェックすることが重要です。