マウスピースを使う目立たない新しい歯の治療法

  • -

マウスピースを使う目立たない新しい歯の治療法

蔓延している歯の並びが悪くなる状態

近年の健康への知識において、歯に対する健康への認識が広がりを見せています。実際に歯には食べ物を噛むために顎全体の神経が一つ一つに入り込んでいるので、噛むという動作をすることによって脳が活性化することで記憶力の向上などがあるとされているのですよ。しかし近年においてその歯に対してある問題を抱える若い世代が増えており、それが歯並びが悪くなるということです。歯並びが悪いと口や顔が歪んでしまい見た目が悪くなるほかにも、すべての歯が並びが悪いことでうまく使えずに脳への刺激が薄くなってしまい記憶力が落ちてしまうのです。

歯並びを治すための過去の治療法

歯並びが悪くなっている理由に多いのが、毎日の食事の中で歯ごたえのある物が少なくなっていることで本来30回以上噛まなければならないのが10回未満で飲み込んでしまうことが増えていることです。一度歯並びが悪くなると全体が連動して悪くなるので、出来るだけ歯並びが悪くなって日がたっていないうちに行うと元に戻りやすいのです。過去ではそういった歯並びの治療法では金属の鎖のような形状の矯正具を使い、それを歯に当てはめて徐々に戻すということが通常でした。

見た目が悪くならない最新の歯並び治療法

過去の治療法である金属の鎖のような形状を当てはめて治す方法は時間がかかることに加えて、そのデメリットは口を開けた時に金属の鎖が見えてしまうことで見た目が悪くなると共に人によっては金属に対してアレルギーを持つ人もおりすべての人たちに使える技術ではなかったことです。そこで最新の歯医者での歯並び矯正では金属を使わない代わりに、アレルギーとは関係のない天然樹脂を使って作ったマウスピースを使って治療するところが増えています。そのマウスピースは透明ではめていること自体が分からないのと治療期間が短く済むこと、そして料金も保険適用が効くので安く受けられることが利点です。

歯のセラミックの料金は保険外治療となるため、素材による違いを充分に理解した上で治療を行うことが大切です。